世界初、有機ヨード(米国特許公開)とカナダからの本物のフルボ酸!

かじめ

かじめとは

カジメ(搗布、学名:Ecklonia cava)は、コンブ目 Lessoniaceae 科カジメ属に属する褐藻の1種である。
長い茎部の先に「はたき」のような側葉を持つ。
水深2〜10mの岩礁上に密な群落(海中林)を形成する。
薬品原料、肥料、食料品などとして用いられてきた。
日本では主に本州中部太平洋側と九州北部に分布する。

同じ Lessoniaceae 科のアラメに似るが、カジメは茎部が枝分かれしない(アラメは2分岐)点、及び側葉の表面が波打たずに平滑である点などが異なる。

地方によっては、浴槽に入れて入浴する「かじめ湯」という習慣がある。

食用としても用いられています。
九州北部では主に味噌汁などの汁物に入れて食される。
アラメと比べ分布範囲も水揚げ量も流通量も少なく、古くからヨードチンキなどの薬品の素材となって来た為、一般的にアラメよりカジメの方が高価である。アラメがカジメとして流通しているケースも多い。
一方、アラメとカジメが完全に入れ替わっているケースも多く、方言とも取れる。アラメに比べアルギン酸の含有率が高いため、汁物入れるとカジメの方がよく粘る。
特に産地である九州北部では混同が多い為、食用として本来のカジメを求める場合は注意が必要である。

当社のかじめ焼きはかじめだけを使用して作っているわけではなく、昆布・もずく混用して作っています。
効用は変わりませんし、かじめ昆布はとても高価なものです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional